@yumach

エンタメ系のコンテンツのレビューしたりします。

「FINALCUT #1」観てみた

こんにちは。
久しぶりの日付を跨がずの更新となります。

今回は、前回のこちらのブログ

yumach.hatenablog.com

にて紹介したドラマから1つ。

「FINAL CUT」

の第1話の話をしたいと思います。
気をつけてはいますが、ネタバレを含む可能性は大いにありますので、
これから観ようと思っている方は控えていただきますよう、
よろしくお願いいたします。

では本題

FINAL CUT #1

f:id:yumach:20180118013011j:plain

あらすじ

あらすじは公式サイトを観るとわかりやすいと思います。

公式サイトはこちら。
ストーリー第一話 | FINAL CUT(ファイナルカット) | 関西テレビ放送 KTV

ここに注目

チュートリアルとして最高の1話

ドラマやアニメの1話目というのは、

  • その作品がどんなものなのか
  • なぜ主人公はこの目的を持っているのか
  • どんな流れで話が進んでいくのか

などと、チュートリアルの意味を含んでいることが多いです。

今作の1話は、それを忠実に再現されていたと感じました。

今作の1話に当てはめると、

  • 過去の話から始まり、視聴者に主人公の目的を認識させる。
  • 現在の話が始まり、1話全体を使って主人公がどのように目的を達成していくか、どんな話なのか、など今後の物語の構成を認識させる
  • その間も過去の話を逐一挟み、視聴者に主人公の目的を今後も忘れないようより強く認識させる

のようになっていることがわかります。

ドラマは1時間が十数話に及びますので、
この「主人公の目的を忘れさせないようにする」構成にはとても感心しました。

このように、
1話全体を使った丁寧なチュートリアルが、今回の話の注目ポイントの一つかなと思います。

「FINAL CUT」の意味(多少ネタバレ含みます)

タイトルにもなっている「FINAL CUT」
どんな意味なんだろうと前から思っていました。

その「FINAL CUT」という言葉が、
慶介(亀梨)の言葉から出てきたので、少しだけ解説。


井出プロデューサー(杉本哲太)という憎い相手を追い詰めるため、
とある映像を編集し、脅しをかける慶介。

そこで慶介は、
「お前の人生を編集するのは俺だ。」
と言い放ちます。

そして引き続き、
「これがあなたのファイナルカットです。」
というのです。

このファイナルカットはおそらく、
慶介が編集した、
「公開されると人生が終わるような映像(カット)」

というような意味で使われているような気がします。


タイトルの意味をずっと気になっていたので、
少しスッキリしたのでした。

さいごに

1話観てみましたが、
個人的には今の所かなり面白い作品になっております。

またジャニーズでしょ?
KAT-TUN?Hey!Sey!JUMP?
誰やねんそれ!

と思って毛嫌いしている方も一度観てみることをお勧めしますよ。


1話ごとにターゲットが変わるっぽいので、
毎週火曜日にスカッとしたい方はぜひ!

ファイナルカット」を相手に突きつけるシーン…
最高にスカッとします。

引き続き既に第2話も公開されていますので、
遅れないように観ていこうとおもいます。


では「FINAL CUT #1」の話はこの辺りで。

以上