@yumach

エンタメ系のコンテンツのレビューしたりします。

2018年1月期注目のドラマ3選(個人的)

こんばんは、少しご無沙汰しております。

転職や引き継ぎ、引越しでバタバタしてしている日々を過ごしております。
引越しの方は時期を改めることになったため、少し余裕がでました。

ということでお久しぶりのブログとなります。

今回はまた趣向を少し変えまして、
今期注目している、レビューしてみようと思っているドラマをいくつか紹介します。

といっても、今期のドラマはもう始まっていますけどね笑
いろいろ書いている間に始まってしまったので焦っている次第です。

まだドラマを今期見ていない方や、ドラマ見たいけどなに観たらわからないよという方に
このブログが少しでもお力になれたらなと思っております。

では本題。

今期注目のドラマ3選

今期も面白そうなドラマはたくさんありました。
その中でも個人的に注目なドラマを3つほどご紹介します。

FINALCUT

概要

主演:亀梨和也KAT-TUN
放送:フジテレビ系列

youtu.be

www.ktv.jp

あらすじ

誰もがSNSなどで映像を発信できる”コンテンツメーカー”となり、
指先ひとつで簡単に誰かを傷つける「加害者」にも「被害者」にもなり得る今、
”メディア”に人生を翻弄されてしまう人がいるーー。

中村慶介(亀梨和也)は、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、
亡くした過去を持つ男。
12年後の現在、慶介は真犯人探しだし、
母を追い詰めた者たちへの復讐に動き始めるーー。

なぜ?

やっぱり復讐劇って楽しいですからね。

最近そんなにたくさんドラマを観ていないのですが、
よく覚えている復讐劇のドラマはこんなところです。

「魔王」半沢直樹」「ウロボロス

これらに「ブラッディマンデイ」のようなサイバーちっくな世界観を融合させた者になるのかなあと思ってます。
ブラッディマンデイ」ほどハッキングやそこらはないでしょうけど。

公式には
復讐×許されざる恋
となっているので、恋愛描写もあるのでしょう。

また、
主演の亀梨くんは昨年の活躍が何かと話題になってますよね。
初ソロコンサートやドラマ、映画と何かと活躍しておりました。
「ボク、運命の人です。」における山Pとのユニット
「亀と山P」
が記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。

さらに、
主題歌はついに「KAT-TUN」が担当!
2017年まで充電期間に入っており、個々に活動をしていたKAT-TUNですが、
ジャニーズカウントダウンコンサート2017-2018」で再始動を発表しました。

そこで歌っていた新曲
「Ask yourself」
が今作の主題歌に抜擢されております。

亀梨くんの活躍もですが、KAT-TUNの今後の活躍にも期待したいですね。

まとめると

  • 厨二心をくすぐる復讐劇
  • 「ボク、運命の人です。」とはまた違う亀梨くん
  • KAT-TUNついに再始動の主題歌

が今作の3つの注目ポイントかなと思います。

anone

概要

主演:広瀬すず
放送:日本テレビ系列

youtu.be

www.ntv.co.jp

あらすじ

全てを失ってしまった少女は、
それでも生きようと思った。
でも、生きる術を知らなかった。

そして、ある老齢の女との運命的な出会い
それはある事件がきっかけだったーー

このドラマは、生きることの意味とは?
人が生きる上で本当に大切なものは何か?
を人々に問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語です。

まず注目すべきは本作の脚本。

「Mother(2010)」「Woman(2013)」に続く、
坂元裕二さんのオリジナル脚本3作目となっております。
また、両ドラマのスタッフ再集結しているとのことです。

「Mother」「Woman」ともに何かと話題を集めたドラマですので、
これだけでも注目するポイントなのかなと思っています。

主演は広瀬すず
メディアに多く露出しているイメージがありましたが、
連続ドラマ自体は2015年の「学校のカイダン」以来3年ぶりのようです。

メディアでよく見かけたのは映画の方によく出ていたからですかね。

3年間映画やCMなどのお仕事で培った者が、
本作にどのように影響が出るのか、注目ではないでしょうか。

また、
今作はおそらくかなり重めの人間ドラマなのではと思っています。
人間ドラマの中での出会いや別れによって主人公がどう成長していくのか。
また、あなたならどうしますかを問いかける物語になっていくのかなと。
※まだトレーラーしか観ていないので実際はわかりません

まとめると、

の3点に注目しております。

99.9 seasonⅡ

概要

主演:松本潤(嵐)
放送:TBS系列

youtu.be

www.tbs.co.jp

あらすじ

深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも、
残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。

そんな超型破りな弁護士・深山に振り回されて、
刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。

そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)。

所長の打診に全身全霊で抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、
後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活する。

なぜ?

僕はまだ本作のシーズン1を観ていないため、
少し他の作品とは注目の切り口が異なります。

まずは日曜劇場では異例となるシリーズ化。
日曜劇場、そもそもTBS系列ではシリーズ化は滅多にありません。
TBSの連続ドラマでシリーズ化されたのは最も最近でも
JIN-仁-
の2009年10月期、2011年4月期以来6年ぶりとなるそうです。
当時「JIN-仁-」かなり流行ってましたしね。

シリーズ化されるためには、いろいろな事情があります。
その中で最も大きい要因が1作目の視聴率です。
作品の視聴率が低ければ、もちろんシリーズ化は難しい。
だって作っても観られないのですから。

ということは、
本作は少なからず1作目が面白かったとなります。
2作目はどうなるかはわかりませんが、そんなある程度の面白さが約束された作品なのであれば、
観る価値はあるかなと思います。

※ちなみに視聴率は最高19.1%、平均17.2%でどちらも同クールでトップ

また、
本作は1作目で
”親父ギャグ””プ女子””小ネタ”の設定も話題を読んでいたそう。
笑えるドラマとしても需要があるのかもしれません。

さらに、
1作目では

  • 松本潤 日曜劇場初主演&初弁護士役
  • 連続ドラマ史上初、刑事専門に特化したドラマ

というので注目を集めていたようですね。

ちなみに、
99.9というのは日本の刑事事件による裁判有罪率だそうです。
これは逆に言えば、一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちということでもあります。
本作はここに注目し、残りの0.1%が確定しない限り、
諦めず真実を追い求める弁護士の話。

そんな99.9VS0.1の大逆転劇も本作の魅力なのではと思っております。
スカッとしたい方にはおすすめなのかも。

主題歌はもちろん
「嵐」です。

まとめると

  • 日曜劇場異例のシリーズ化作品
  • 日曜夜はやっぱり笑いたい
  • 99.9%を覆す大逆転撃

の3点に注目です。

まだ僕もSeason1を観ていないので、そういった人の観点だと思ってください。
早くSeason1観ないとなあ。

さいごに

以上が僕が今期注目している連続ドラマ3選でした。
いかがだったでしょうか。
観たくなった作品はありました?

誰かが面白そう、観てみようと思えたなら幸いです。

また、
今後これらのドラマの1話ごとのレビューも書いていこうかなと思います。
自分の時間との相談になりますが、できれば1話ずつ、厳しそうであれば2、3話ずつでレビューを書いていく予定です。
※自分の時間との相談に失敗したらスミマセン…!

そちらもぜひ観ていただけれたらと思います。

ちなみに、
もう作品によっては2話が始まっている週なのですが、
まだ1作品も観れてないので追いつかなければ!!

ではでは、
今回はこんなところで締めさせていただきます。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

以上