@yumach

エンタメ系のコンテンツのレビューします。主にゲームです。

「ONE PIECE BURNING BLOOD(PS4)」をプレイしてみた

こんにちは。
本日は、PS4のゲームをプレイしてみたので感想を書きます。
新しいPS4のゲームを買おうかと思っている方、参考程度に見ていただけますと幸いです。

その名も「ONE PIECE BURNING BLOOD

ワンピースがPS4格闘ゲームになったということで、ワンピース世代にはたまらないです。
また、ワンピースの格闘ゲームといえば「グランドバトル(グラバト)」シリーズと「ギガントバトル(ギガバト)」シリーズが有名ですね。
今まではデフォルメされたキャラクターを操作しての格闘ゲームでしたが、今作は頭身が原作通りというのが良いですね。

▼戦闘イメージ
f:id:yumach:20160701165147j:plain

では本題。

ゲームシステム

基本的には1vs1の戦闘なのですが、キャラクターは3人を選択します。
その3人をキャラチェンジして戦い、先に3人ノックアウトされた側が敗北というシステムです。
それ以外は普通の格闘ゲームとさほど変わりませんでした。

ただ、慣れるまでは気持ちよく操作するのが難しく、自分よりも難易度の方が先に上がってしまい、最初はイライラした時間が多かったなあという印象です。
チュートリアルがわかりづらい、のかな?)

ただ、必殺技などのカットシーンが超かっこいい!
いくつかの固有技、覚醒(正式名称は忘れました)、必殺技、必殺技フィニッシュ時などにカットシーンが流れます。
個人的な好みであれですが、トラファルガー・ローカットシーンを一部紹介しちゃいます!

▼覚醒時
f:id:yumach:20160701165114p:plain

▼必殺技時
f:id:yumach:20160701165135p:plain

▼必殺技フィニッシュ時
f:id:yumach:20160701165145p:plain

もうこの辺りのかっこよさはワンピースファンには本当にたまらない演出をしてくれたものだなと感動してしまいました。
また、上の画像にはないですが、ちゃんと「ドンッ」とかが背景に現れたりもします。


◼︎ゲームモード(オフライン)
大きく分けると「フリーバトル」「頂上戦争(ストーリーモード)」「懸賞金バトル」の3つのモードがあります。

フリーバトル

プレイヤーvsCPU、プレイヤーvsプレイヤー、プラクティスといったようなものに分かれており、自由にキャラクターを選択して戦うモードとなります。
個人的には多分一番プレイしてるモードだと思います。

頂上戦争(ストーリーモード)

「ルフィ」「白ひげ」「赤犬」などのキャラクターになりきり、ストーリーが進行しながら戦闘をするモードとなります。
戦闘=>ストーリー(映像の場合もあれば紙芝居の場合もあり)=>戦闘の繰り返しとなります。
基本的にシンプルなのですが、ちょいちょい挟まれるストーリー映像がとても綺麗で見入ってしまいました。(さすがPS4!)
アニメで一度見たシーンですがアニメとはまた違った感じで見ることができて新鮮でした。
エースを救ってからエースが力尽きるシーンはいつ見ても感動します。
ただ、「頂上戦争モード」というだけあり、頂上戦争しかプレイできないのが物足りないなあと思いました。
個人的には全部「ルフィ」視点で良いのでもっと色々なストーリーを入れて欲しかったです。

懸賞金バトル

指定されている様々な敵に対して指定されたキャラクターで挑むモード。(自身のキャラクターは指定されない場合もあり)
難易度も様々あり、すべてこなすには結構な量となっている。
また、それぞれのバトルにおいて「バトル評価」があり、「S」や「A」などと評価されます。
こちらもすべて最高ランクにしようとすると骨が折れそうです。(最初からすべて最高評価は狙っておりませんが)
最初から超難しい手配書があり、どうあがいても勝てそうにないのですが、バトルをしていくと経験値がたまりキャラクターが強くなっていく?っぽいので他のモードや他の手配書をクリアしていくうちにキャラクターもプレイヤーも強くなり、難しい手配書をクリアすることができる。といった算段なのかなあと勝手に想像したりしてました。
このモードは個人的にはすぐに飽きました。
キャラゲーなのに好きなキャラクターを使えない場合があるというのがなんだかなあという感じでした。

さいごに

シンプルにまとまっていて、まあまだ「1」なのでこんなものかといった感じでした。(「2」が出るのかどうかはさておき笑)
悪く言うと、シンプルすぎて物足りないです。
ただ自分の好きなキャラクター(個人的には「トラファルガー・ロー」とか「エース」とか)を使用してプレイするのはやはり楽しく、演出もワンピースらしい感じが出ており良かったんじゃないかなと思います。
「頂上戦争モード」を終えてからは、たまに思い立った時にプレイして、またやらない期間があり、また思い立った時にプレイするような感じなので、どっぷり浸かることもなく、悪く言えばハマっているわけではないです。
友人が家に来た時にワイワイプレイするくらいにはちょうど良いのではないかなと思います。

これから購入しようと思っている方
ワンピースが好きであれば楽しめます。
別にワンピースが好きではないという方は合わないかもしれません。
また、このゲームでは長く見ても2ヶ月は持たないんじゃないかなと思います。
メインで他のゲームをプレイしてたまに少しずつプレイする程度のものだと思いますので、何か別のゲームと一緒に買うと尚良いかもしれません。


以上「ONE PIECE BURNING BLOOD」をプレイしてみての感想でした。
参考程度にしていただけますと幸いです。では。